中高年の女性が悩む乾燥肌は・・・

「何歳になっても、美肌を維持したい・・・」と、中高年の女性なら誰もが願うことだと思いますが、そんな美肌とは、いったいどんな状態なのでしょうか?

やはり、究極の美肌といえるのは、赤ちゃん肌です!

プルンプルンで、しっとりして、透明感があり、シミなし、たるみなし、毛穴もなし、そして、水滴を落とすと、水をプルンと弾くような潤った状態、それが、女性が目指す究極の美肌です。

しかし、赤ちゃん肌とは対照的に、中高年の女性は、究極の乾燥肌で悩み続けているという状態です。

そんな乾燥肌に陥ってしまうと、敏感肌、ニキビ、痒みなど、さまざまな肌トラブルを招き、そして、見た目年齢も高く見られてしまうという老けた印象を与えてしまいます。

女性の第一印象は、肌の状態の良し悪しによって左右されと言っても過言ではなく、それほど肌の乾燥は女性にとって大問題になります。

特に、空気が乾いて湿度の下がる冬の季節は、どんどん水分が空気中に飛んで行き、乾燥肌で悩む女性が急増します。

それでも、健康的な肌は、どんなに湿度が下がっても肌内部の水分量が保たれて肌の乾燥を防いでいます。

では、健康的な肌と乾燥肌の違いは、いったい何なのでしょうか?

人の肌は、薄い一枚の膜でできているように思われますが、一番上の表面になる部分が「表皮」、その下に「真皮」、一番下に「皮下組織」という3層で構成されています。

一番下の「皮下組織」は、ほとんどが皮下脂肪で占められ、エネルギーを蓄えて体温を維持するなどの役割を果たし、さらに、クッションのように衝撃から守る働きもしています。

真ん中に位置する「真皮」は、タンパク質からできている繊維のコラーゲンとエラスチンが存在して、肌の弾力を維持しています。

しかし、紫外線を浴びて、このコラーゲンとエラスチンが変性したり、老化の影響で減少すると、弾力性が失われて肌がたるんだり、シワができたりしてしまいます。

そして、乾燥肌と深い関係にあるのが、肌の表面に位置する「表皮」で、この表皮のさらに表面の部分には、角層があります。

この角層の中は、わずか0.02mmほどの薄い層ですが、そこに、角質細胞が約20層のレンガ状に積み重なって形成され、そのレンガのような角質細胞をつなぎ留めてセメントのような役割を担っているのが角質細胞間脂質のセラミドという成分です。

実は、角質細胞がレンガ状に積み重ねられて、それを角質細胞間脂質のセラミドがガッチリとつなぎ留めることで角層は強力な壁となって、紫外線などの外部からの異物の浸入をブロックし、そして、角層内の水分の蒸発を防いで、乾燥から肌を守っているのです。

こうした角層の機能をバリヤ機能と呼んでいます。

ちなみに、健康的な肌は、角層に約20~30%の水分量が保たれていますが、それが20%以下に減ると乾燥肌ということになります。

このように肌の水分量と潤い度は、角質細胞間脂質のセラミドが重要なカギとなっているわけで、中高年になって乾燥肌に悩まされる原因は、セラミドの不足によるものです。

ですので、乾燥肌対策のスキンケアとしては、セラミドなどの保湿成分を多く含んだ化粧品で、潤いを与えて常に保湿することが必要です。

また、その他に、保湿効果が高いとされている成分は、コラーゲンやエラスチンなどがあります。