無理なく継続できるスロートレーニング

自分のたるんだお腹まわりを見て「痩せて、美腰になる・・・」と、心に決めてダイエットを始める方は多いのではないでしょうか?

しかし、高い会費を払い、フィットネスジムに通い始め、ランニングマシン、エアロバイク、エアロビックス、筋力トレーニング・・・など、いろいろチャレンジしますが、なかなか継続できずに途中で諦めてしまう方は少なくないというダイエットの現実です。

フィットネスジムでの実際の運動時間は、30分弱でもシャワーや着替、そこまで通う往復の時間などを合わせると1時間以上かかったりして、忙しい方には、スケジュール調整が難しくなり、徐々にジムから離れ、結局は挫折してしまうというパターンが多いようです。

また、いくら効果的なエクササイズでも、激しくて辛かったり、長時間の運動が苦痛だったり、そのエクササイズに対して不快を感じていると、なかなか継続することができません。

最初は、痩せて美しくなりたい・・・という強い願望からモチベーションも高く、辛い運動でもやり遂げることができますが、そのうちモチベーションが徐々に下がると、辛い運動をする気力も低下して途中で挫折してしまうことになります。

ダイエットを成功させるには、自分の生活習慣の中で無理なく行えて、長く続けられることが大切です。

大澤美樹

最初は、ちょっとした軽い運動からでも十分に効果は得られます。

例えば、今まで自転車や車に乗って買い物に出かけていた方は、歩いてスーパーまで行くとか、電車で通勤している方は、1駅手前で降りて歩いたり、会社では、エレベーターを使わずに階段を使うといったことでもかまいません。

わざわざフィットネスジムに行かなくても、日頃の生活習慣の中で、ダイエット効果の得られる運動はたくさんあるわけです。

そして、できれば、自宅でできる1日、10~20分程度のスロートレーニングをオススメします。

運動経験のない女性が、いきなり重いダンベルを持ち上げるような筋力トレーニングは、そう簡単にできることではありませんし、やみくもに行っても、筋肉量をアップすることはできません。

そんな女性たちが、無理なく楽に筋肉アップできるように考えられた筋トレがスロートレーニングです。

スロートレーニングは、重いダンベルを使わないので安全で怪我の心配もなく、それでも筋肉アップの効果が得られ、しかも、1日たった10~20分程度の時間で済むので、忙しい方でも、日頃の生活習慣の中に取り入れやすく、長期に継続することも難しくありません。

スロートレーニングの方法は、インターネットで検索すれば、詳しく説明しているサイトがたくさんあるので、調べてみて下さい。

 

 

 

 

28日間のターンオーバーが健康的な美肌を保つ!

 

健康的で若々しい美しい肌は、肌内部で肌細胞が生まれ変わるターンオーバーが28日間のサイクルで行われ、次々と新しい細胞が入れ替わることで、新鮮さを保ち美肌が作られ維持しています。

肌は、単純な1枚の膜のように思われますが、上から「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層構造によって成り立っており、その厚さは、皮下組織を除くと、わずか0.5mm~2mm程度です。

さらに、肌の表面に位置する表皮の中は、表面から「角質層」「顆粒層」「有棘層」「基底層」の4つの層で構成されています。

この表皮の一番内側の基底層で生まれた細胞は、基底層から有棘層、そして、顆粒層、角質層と、約14日間かかって姿を変えながら上に押し上げられ、さらに、約14日間かけて角質層から、最後はアカとなって剥がれ落ちます。

こうした合計28日間の肌細胞のサイクルがターンオーバーです。

一般的には、このターンオーバーが平均28日間の周期で行われていれば正常で健康的な肌と言われますが、個人差があり、30日以上かかる周期の人もいらっしゃいます。

しかし、このように大切なターンオーバーは、年を重ねるとともに加齢の影響で代謝が落ちるので速度が低下し、約40日かかったりもします。

すると、傷の治りが遅くなったり、メラニン色素の排出が滞って消えにくいシミとして表れたり、角質層が厚くなって乾燥し、バリヤ機能が働かなくなったりと、さまざまなトラブルを招くことになります。

また、逆に、何らかの原因で周期が早まると、十分にバリヤ機能が育っていない角質層が表面に表れることになり、外からの刺激に対して防御することができなくなり、乾燥肌になってしまいます。

健康的で若々しい美肌を保つには、正常な周期で行われるターンオーバーを維持することが必要ですが、もし、周期が長くなっても、日頃からしっかりとスキンケアを行っていれば、健康的な肌を保つことができます。

ターンオーバーが乱れる原因は、加齢の他に、夜更かしによる睡眠不足、無理なダイエットや不規則な食生活による栄養の偏り、ストレス、紫外線、タバコ、間違ったスキンケアなどが挙げられます。

日頃から、ターンオーバーを乱す原因になることは避けて、毎日、6時間以上の睡眠を十分に取り、栄養バランスを考えた食スタイルなど、規則正しい生活習慣を送ることを心がけましょう。

その中でも、特に睡眠は重要で「睡眠不足は肌の大敵・・・」とまで言われています。

午後10時から深夜2時の間は、肌のゴールデンタイムと呼ばれ、ターンオーバーもこの時間帯に密接にかかわっていますので、この時間帯に熟睡できるようにしましょう。